礼拝の様式について

高の原教会では、2020年3月15日(日)の礼拝を簡略化した式次第で実施してみましたが、礼拝後、臨時役員会を開き、今後の礼拝について話し合いました。

そこで様々な情報を共有し、当面、次のような礼拝の持ち方をすることにしました。

・礼拝の式次第は通常に戻し、讃美歌も歌うことにする。
・座席数は間隔をとるため、通常の半分ほどの40席程度にする。
・可能な限りマスクをしていただき、礼拝堂に入る前、出た後の手指のアルコール消毒を必ず行っていただく。
・聖書、讃美歌の貸し出しは中止する。
・献金は籠を回すのではなく、当番が集めて回る。
・礼拝に来にくくなっておられる方のために、YouTubeでのライブ配信を行う。
・聖餐式は準備の段階で細心の注意を払い、通常通り実施する。

以上。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です