高の原教会の主日礼拝の様子
 

主日礼拝(日曜礼拝)のプログラムと内容(通常の場合)

初めて来られる方はこちらもどうぞ

主日礼拝は毎日曜日10時30分より開始されます。大体1時間くらいです。

【点  鐘】
教会の玄関にある鐘が鳴らされ、礼拝の開始を告げます。

【前  奏】
オルガン演奏の中、心を静かに礼拝の始まりを覚えます。

【招  詞】
聖書の一節に神の呼びかけを聞きながら、
私達は神に招かれて礼拝に来たということを覚えます。

【頌  栄】
神の栄光をたたえる讃美歌を、みんなで歌います。

【主の祈り】
イエス・キリストが弟子たちに教えられた大切な祈りです。
よろしければ声を合わせお祈りください。
ご存じない方は、スクリーンか印刷された別紙をご覧いただいて結構です。

【詩編交読】
旧約聖書『詩編』の言葉を司式者と会衆が交互に読み交わします。
冊子等をお配りするほか、スクリーンにも映写されます。

【賛   美】
一同で讃美歌を歌います。
楽譜と歌詞は、スクリーンにも映写されます。

【祈  祷】
司式者が会衆を代表し感謝と悔い改めをささげ、
教会とその働きのため、世界の国と人々、悩み苦しむ魂を覚えて、
慰めとりなしを祈ります。

【聖  書】
教会の信仰の指針である聖書の言葉を当番が朗読します。
私たちの教会では、「新共同訳聖書」を用いています。

【賛  美】

【説  教】
朗読された聖書の言葉に基づく牧師のメッセージに耳を傾けます。

【賛  美】

【信仰告白】
神の言葉を聞いた者の応答として「使徒信条」を唱和します。
印刷したものをお配りしているほか、スクリーンにも映写されます。

【献  金】
神からいただいた恵みを感謝し、神の招き・呼びかけに対する応答、
献身のしるしとして献金を捧げます。
ご用意のない方はパスして下さって構いません。

【報  告】

【頌  栄】
礼拝の最後に改めて神の栄光をたたえます。

【祝  福】
牧師を通し神からの祝福を受けて、新たに日々の生活へと送り出されていきます。

【応  奏(応  唱)】
祝福の祈りにオルガン演奏、あるいは聖歌隊の歌唱でもって応えます。

【後  奏】
オルガンの演奏を聞きながら、礼拝の終わりを覚えます。
静かにご着席いただき、しばらくお待ちください。

【点  鐘】
再び鐘をつき、礼拝の終わりを告げます。

(グリーティング)
礼拝終了後、司式者が促しますので、差し支えなければ
近くの席の人とあいさつを交わしてくださればと思います。

 

時々あるプログラム

【聖 餐 式】
月に一度、聖餐式が行われます。
当番がパンと杯(ぶどうジュース)を配ります。
教団教派を問わず洗礼をお受けになった方はお取りください。

 

礼拝後のお茶
第2、第4日曜日はコーヒーアワー、第3日曜日はティータイムと称し、
礼拝後にお茶をいただきながらの交流の時間を持ちます。
どうぞ少し残っていただいて、ご歓談ください。